オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

群馬県吉岡町で瓦屋根の雨漏り修理を無料見積りしました


瓦屋根の雨漏り修理を、群馬県北群馬郡吉岡町で無料見積りしました。

エクセルーフを使った瓦屋根ですが、寝室の天井に雨染みができたということです。
瓦桟
疑わしい場所の瓦を外してみると、浸水により腐朽した瓦桟木が確認できました。

とくにこのエクセルーフという瓦では、瓦桟木の腐朽は雨漏り以外のトラブルも引き起こします。

最近の瓦はそのほとんどが防災瓦といって、瓦同士ががっちり噛み合って固定される構造になっていますが、エクセルーフは違います。

瓦桟木に引っ掛けて、数枚ごとに釘打ちするだけの固定法ですから、瓦桟木が腐朽すると、その部分の瓦は固定力を失うことになります。
瓦自体の重さと摩擦によって一応はその場に留まりますが、風や揺れですぐに外れてしまいます。

実際、今回の現場調査でも少し力を加えただけで、簡単に外れてしまいました。

瓦の落下は重大な二次被害にもつながりますので、早急に対処する必要があります。
弊社では、防災瓦かその他の瓦かにかかわらず、防腐処理水抜き加工がされた瓦桟木、またはきずりを施工することで、瓦桟木が腐食する心配を極力小さくしています。

きずりとは、流水テープ縦桟ともよばれる建材で、桟木の下に地面と垂直方向に張ることによって、桟木を屋根から少し浮かせて、排水路を確保するという物です。
雨漏り修理
ラバーロック
またこちらのお宅では、各所にラバーロック(瓦止め)が施されていました。

しかし瓦のほぼ全周をコーキング(シーリング)材で埋めてしまうのは、問題があります。

とくに下側の辺を隙間なく埋めてしまうと、瓦の排水経路がなくなってしまいますので、施工には注意が必要です。

瓦屋根の構造では内部への浸水を完全に防ぐことはできませんので、排水経路がなくなってしまうと、屋根の内側にいつまでも水が残り続けることになります。

そうすると、今回のように瓦桟木を腐朽させたり、ルーフィングを傷めたりして、雨漏りの原因になってしまうことがあります。
エクセルーフ
雨漏りにお客様が気づくとき、ほとんどが居室までの浸水かと思いますが、目に見えない柱や梁などの構造材は、浸水により大きなダメージを受けていることが少なくありません。

また構造材にカビが発生していれば、お住まい内部の空気も汚れてしまいますので、健康被害も心配されます。

早期発見であれば被害も費用も最小限ですみますので、定期的な点検をオススメします。

街の屋根やさん藤岡店では、どなたさまにも無料点検を行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

渋川市で瓦屋根のメンテナンスにガルバリウム製谷板金の交換工事

屋根雨漏り修理
本谷板金交換
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製谷板金・スポンジ面戸
築年数
35年未満
建坪
保証
工事費用
¥60,000
施工事例

安中市でアパート窓サッシからの雨漏り対策にシーリング補修工事

サッシからの雨漏り修理
シーリング増し打ち
工事内容
雨漏り修理
マンション
使用素材
変成シリコーン
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
¥110,000
施工事例

玉村町でプレハブ倉庫の壁パネルを交換して雨漏り修理しました

プレハブ倉庫雨漏り
プレハブ倉庫修理
工事内容
雨漏り修理
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
イナバ物置 壁パネルS(F1-0451)
築年数
建坪
保証
工事費用
¥68,000

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存下葺き20200303

群馬県安中市の築年数35年のお宅の雨漏れ修繕工事をおこないました。今では廃盤になってしまっているセメント瓦なので割ってしまうと差し替えが不可能なので屋根の上を移動するのも気を付けて歩かないといけません。

屋根

群馬県高崎市で屋根の雨漏りのご相談を受けて無料の現場調査にお伺い致しました。コロニアル瓦の耐用年数は30~35年と言われていますが、それを保つためには日頃のメンテナンスが必要です。コロニアル瓦を葺く場合は、野地板→防水シート→コロニアル瓦の...........

塩ビシート防水

バルコニーの防水工事を、群馬県富岡市で無料見積りしました。劣化して雨漏りの原因になっているようで、階下の居室天井には雨染みができています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466