渋川市で雨漏りする瓦屋根の下地修繕と葺き直し工事を行いました


雨漏りする瓦屋根の葺き直し工事を、群馬県渋川市で行いました。

葺き直しにあわせてルーフィング(防水紙)瓦桟の交換も行います。
瓦屋根雨漏り修理

まずは既存の瓦を撤去します。

するとルーフィング(防水紙)と瓦桟という下地材が出てきますので、瓦桟も撤去します。

瓦は屋根材のなかで抜群の耐久性を誇る屋根材で、ほとんどメンテナンスフリーですが、下地は主に木材ですので、やはり定期的なメンテナンスが必要です

とくに瓦桟は腐朽すると瓦の固定力低下を招きますので、瓦の脱落・飛散事故が起こる前にお手入れしていただくと安心です。

ルーフィングは屋根における防水の要です。

とくに瓦屋根は構造上どうしても瓦内部への浸水がありますので、ルーフィングも良いものを使っていただくのがオススメです。
撤去が終わったら新しいルーフィングを下葺きして、瓦桟も張り直します。

ルーフィングには耐久性と止水性の高いゴムアスファルトルーフィング(改質アスファルトルーフィング)を使用しました。
ルーフィング下葺き
瓦桟張り替え
瓦桟には防腐処理したものを使います。

先にも書いたとおり、瓦屋根は内側への浸水が前提の構造です。瓦桟への防腐処理は当然ですが、ウォーターホールの処理も施して、浸入した水がその場に留まらないようにします。

ウォーターホールのない瓦桟を使う場合には、きずり(縦桟テープ)で排水処理を施す必要があります。

こういった細かな処理が、将来的な耐久性を大きく左右します。
瓦屋根葺き直し

最後に、撤去した瓦を葺き直して葺き直し工事は終了です。

数枚は割れてしまっていたので、新しいものに交換しています。

こうして再利用で部材代を抑えることができるのは、耐久性の高い瓦ならではのメリットですね。

ただ、同じように見える瓦も、一枚一枚で微妙に形が異なります。

葺き直すさいは、葺かれていたとおりの順番で葺かないと瓦の収まりが悪くなってしまうことがあります。

収まりが悪くガタつく瓦は落下事故などの原因となりますので、施工には注意が必要です。
こちらのお宅では、棟の取り直し工事も行って完工となります。


日本を代表する屋根材で軒数も多い瓦屋根ですが、きちんと施工できる工事店は意外に少ないのが現状です。

瓦屋根の雨漏り修理葺き替えなどのリフォームは一級かわらぶき技能士在籍のお店街の屋根やさん藤岡店までお気軽にお問い合わせください。

お見積りは無料です。

同じ地域の施工事例

施工事例

渋川市で瓦屋根のメンテナンスにガルバリウム製谷板金の交換工事

屋根雨漏り修理
本谷板金交換
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製谷板金・スポンジ面戸
築年数
35年未満
建坪
保証
工事費用
¥60,000
施工事例

群馬県渋川市で瓦屋根に雪止め金具を後付け工事しました

雪止め
落雪防止
工事内容
雪止め設置
使用素材
瓦用ステンレス雪止め金具
築年数
3年
建坪
保証
工事費用
¥83,000 (3面)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き戻し20191228

群馬県高崎市上佐野町の某工場様から点検口の辺りからあまもれしているのだが。というお問い合わせをいただき現地調査をさせていただき一度屋根材を張っていく剥がしてからの今回は葺き戻し作業です。

野地板の増し張り

野地板の増し張りです。既存の野地板の上に新しい野地板を張り、下地の補強工事をしています。今回は劣化がすくないため、古い野地板の上に新しい野地板を重ね張りします。野地板の破損や劣化が激しいと、新しい野地板に張替えです。新しい野地板に張替えは、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466