オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

群馬県高崎市の屋根カバー工事でゴムアスルーフィングの下葺き


ルーフィングの下葺き作業を、群馬県高崎市の屋根カバー工法工事の現場で行いました。

ルーフィングは防水紙防水シートとも呼ばれ、屋根の二次防水という大切な役割を担います。
ルーフィング

今回のルーフィングには、防水材料の大手メーカーである日新工業のカッパルーフィングを使います。

ゴムアスファルトルーフィング(改質アスファルトルーフィング)というルーフィング材で、従来のアスファルトルーフィングに比べて、耐久性止水性が向上しています。

止水性とは、留め付けのために開けられた穴を塞ごうとする性質のことです。

とくに、ルーフィングは屋根材での防水(一次防水)が突破されたときの最後の砦となりますので、止水性の高さはお客様の安心に直結します。

当然ですが、耐久性も軽視できません。
今回は、カバー工法の工事でガルバリウムの金属屋根材を横葺きします。

ガルバリウム屋根は耐用年数30年前後と優れた耐久性を誇りますから、ルーフィングなどの下地材もそれに合わせて選ぶ必要があります。

瓦屋根ではよくあることですが、屋根の仕上げ材が無事でも、ルーフィングや野地板などの下地材が寿命を迎えれば、雨漏れを起こすことになります。
防水紙

せっかく耐久性の高い屋根材を使うなら、屋根を丸ごと長持ちさせてしまったほうが安心ですよね。

今回は単純な寄棟の屋根で谷(谷樋)はありませんが、谷がある場合のルーフィングには特に注意が必要です。

谷には雨やゴミが集中するため、劣化も早まります。

ですから、谷にはルーフィングを捨て張りといって、2重に下葺きするのが一般的です。

ほかの部分も、防水性を高めるためにある程度の重ね代を作ります。

工事が終われば見えなくなってしまう場所ですが、そういった場所だからこそ、手を抜くわけにはいきません。
軒先から棟に向けて、屋根全体に下葺きしたら、唐草(軒先水切り)などの役物を取り付けて、屋根仕上げ材を葺いていきます。

金属屋根材は高耐久高耐候が特長ですが、断熱性や遮音性に乏しいという欠点があります。

しかし今回使う横暖ルーフは、芯材に硬質ウレタンフォームを使用することで、断熱・遮音効果を高めることに成功しています。
唐草
カバー工法
屋根が2重になったこともあって、お住まいの断熱性能は格段に向上します。

快適な住環境と、冷房効率アップによる経済効果もお客様に喜んでいただけるかと思います。

ただし、お住まいや屋根の状態によって最適なリフォーム方法は異なりますので、ご用のかたは街の屋根やさん藤岡店までお気軽にお問い合わせください。

お見積りは無料です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

桐生市でアパートのスレート屋根にガルバリウム重ね葺き工事

スレート屋根重ね葺き
ヒランビーカバー工法
工事内容
屋根カバー工事
アパート
使用素材
ヒランビー
築年数
35年未満
建坪
保証
10年
工事費用
¥1,080,000
施工事例

富岡市で劣化して苔の生えたコロニアルにヒランビーを重ね葺き

スレート屋根リフォーム
ヒランビー重ね葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ヒランビー
築年数
20年
建坪
保証
10年
工事費用
¥510,000
施工事例

伊勢崎市で横暖ルーフを使ってスレート屋根のカバー工法工事

コロニアル屋根葺き替え
横暖ルーフ重ね葺き
工事内容
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
横暖ルーフS
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
¥570,000 (足場代別)

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市で破損した唐草瓦の差し替え修理を行いました

唐草部分交換
屋根部分修理
工事内容
屋根補修工事
使用素材
青緑瓦(唐草)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

高崎市でひび割れたコロニアルの部分差し替えを行いました

屋根部分補修
コロニアルひび割れ
工事内容
屋根補修工事
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
建坪
保証
工事費用
¥25,000
施工事例

高崎市でソーラーパネル周りの鳥防止ネット設置。

ソーラー20190611
樋掃除20190611
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
6年
建坪
保証
工事費用
ソーラーパネル42枚足場代込み25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

仕上げ20200706

群馬県渋川市で屋根の葺き替えリフォーム工事を行っています。既存の屋根材スレート瓦コロニアルの上から新しい屋根材ガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを上張りするカバー工法という施工方法での葺き替えです。今回は仕上げ作業を行いましたのでご紹介させてい...........

本葺き20200630

群馬県渋川市渋川で屋根のリフォーム工事を行っています。カバー工法で既存の屋根材スレート瓦コロニアルの上から下葺きをして新しい屋根材ガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを葺きます。今回は横暖ルーフSの本葺き~仕上げ作業を行いましたのでご紹介します。

棟バラシ20200613

群馬県桐生市で屋根のリフォーム工事が始まりました。既存の屋根材スレート瓦の劣化が激しくどうせならという事で葺き替えカバー工事になりました。カバー工事というのは既存の屋根材の上からカバー工法という施工方法でガルバリウム鋼板材を上葺きする方法で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466