雨樋工事でお家を雨水から守る! 雨樋の修理・交換、お任せください


雨樋の不具合はお住まいのダメージに直結!
台風や強風、積雪など自然災害による雨樋の割れや外れなどの不具合、火災保険で 修復できます!詳しくはこちら

雨樋交換(片側交換)10m108,000円~ 雨樋交換(全交換)20m168,000円~
 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。
 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋ですが雨が降らない限り、いや雨が降ってもあまり気にかけることは少ないですよね。しかし建物にとって大敵である雨水を排水するという重要な機能を持っているため、もし排水機能が正常に働かなくなったら、、、実はお住まいのダメージに直結する一大事なのです。お住まいの屋根を見渡していただきますと屋根の各面に対してそれぞれ雨樋が設置されています。場合によっては屋根だけではなく、広めの庇についていることもあります。また、簡易的なカーポートにも雨樋に似た構造を備えているものもありますよね。それだけ雨樋は建物にとって重要な部分なのです。当ページでは雨樋の役割はもちろん雨樋の適切なメンテナンスについても解説していきます。それではじっくりと見ていきましょう。

雨樋の役割とは?雨樋が無かったらどうなるの?
 前述の通り、雨樋の役割は降ってきた雨水を、地上や下水に排水させることでしたよね。これがないと実はお住まいが大変なことになってしまいます。「え?どんなふうに?」となかなか想像が付きませんよね。雨樋がついていない建物自体、目にする機会もないでしょうから雨樋がないことにより建物が被る被害について想像つかないという方もきっと多いと思います。
具体的には例えば、
雨音が非常に大きくなる
屋根を伝ってきた雨水が直接、1階部分の屋根や庇、地上に落ちることになるので雨音が非常に大きくなる。
雨水で泥水がはねて外壁を汚してしまう
地上に落ちた雨水で泥水などがはねて外壁を汚してしまう事もある。
雨が破風板や軒、外壁を伝うため雨染みが目立つ
屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝うことになるので、雨染みや汚れ、放置してしまうことでカビなどが目立つようになったり、劣化を早める原因にもなる。
隙間があれば雨水が浸入し雨漏りにつながる
ちょっとした隙間やクラックがあれば、そこから家屋内部に浸入し、雨漏りを引き起こす。
 といったように「雨水」が汚れといった小さな被害から劣化、そして雨漏りといった大きな不具合にまで発展してしまう事も十分あり得ることなのです。ご存知のとおり、水分はお住まいの大敵ですよね。外壁や屋根と違って、色や形にあまりこだわることのない雨樋なのでどちらかというと影の存在といった雰囲気がありますよね。しかし目立たない存在ではありますが、お住まいを劣化や雨漏りから守る大変重要な役割を持っているのです。
雨漏りが起こった!?雨漏り補修についてはこちらをご覧ください

雨樋の働いている時間は意外に長い
四季イラスト
 日本は世界でも類を見ないくらい四季のハッキリした国ですよね。雨が降るごとに近づいてくる春、さわやかな新緑の季節の後に訪れて夏を待ち遠しい気持ちにさせる梅雨、夏の終わりを告げる台風、天高く馬肥ゆる秋と紅葉の間に刻まれる長雨、息も景色も全てが真白な冬の日、一年を通して降水があります。
 それだけに雨樋の使用頻度と稼働率は高くなります。
 台風による強風、積雪による重みなどで、雨樋は変形したり、外れてしまったりすることがあります。こうなると、うまく雨水を排水できません。また、秋の落ち葉や土埃で詰まってしまうこともあります。うまく排水できない場合、雨水が流れ出す先によってはお住まいへの浸水といったことも考えられます。雨樋を固定している金具も変形や破損といった被害を受けることがあり、この場合もうまく排水できない状態になりえるのです。

台風の強風による破損、強風被害、積雪被害

台風や強風、積雪、雹など自然災害による雨樋の変形、割れ、外れは火災保険で補修できます!詳しくはこちら

 雨樋は屋根や外壁同様、外部に飛び出た格好で取り付けられていますよね。そのため自然環境による影響を受けやすく天候などによって被害を受けることが多々あります。雨樋が被害を受けてしまえば、それによって本来の役割である排水という機能を果たせなくなってしまいますよね。雨水を上手に誘導できなくなれば建物自体にまで被害が出てしまうのは前述の通りです。
雨樋のある場合,外壁を伝う雨が最小限に
雨樋がない場合や不具合がある場合、雨水が外壁を伝い放題
 では実際に雨樋に不具合が生じているケース、建物に被害を与えてしまいかねない状態とはどのような状態なのでしょうか。雨樋メンテナンスのサインとしてぜひ覚えておいていただきたいと思います。
雨樋の不具合・劣化症状まとめ

 ご自宅の雨樋を下から眺めた際に、何やら「植物が顔を覗かせている」「異物が見え隠れしている」といったことはありませんか?このような状態が見受けられた場合、何かが雨樋の排水を邪魔してしまっているかもしれません。水が流れなくなるということは雨樋が排水という役割を果たせなくなってしまっている状態です。排水機能を果たせず水があふれるような事態になれば、前述の通りお住まいに直接被害を加えてしまう可能性があります。
雨樋の詰まりを引き起こすよくある原因
ビニール袋などの風で飛ばされてきたゴミが詰まってしまう
ご自宅やご近隣の庭に植えられた木の枯れ葉が雨樋に溜まってしまう
雨樋に土が堆積してしまったうえに、さらに植物も生えてきてしまった
土が堆積し植物が生え詰まった

木の枯れ葉が雨樋に溜まって詰まった

 屋根で受けた雨水を受け止める軒樋には、集水器まで適切に水の流れを作るための傾斜がつけられています。このわずかな傾斜がなければ軒樋から集水器、そして竪樋へと水が流れていかなくなってしまいますよね。ご自宅の雨樋が歪曲してしまっているようであれば不具合を発生させる要注意な状態であると認識しましょう。
雨樋の曲がりやゆがみを引き起こすよくある原因
土やゴミなどの堆積による重さによって雨樋が傾いてしまった
紫外線や太陽熱の影響を直接受け、経年劣化で変形してしまった
台風や豪雨、積雪などで雨樋に一時的な過重による負担がかかり、歪んでしまった
軒樋を支えている支持金具が曲がってしまったり・折れてしまう
     などの不具合を起こし雨樋の傾斜に異常をもたらしている

軒樋が経年劣化で変形

軒樋を支えている支持金具が曲がってしまった

自然災害による台風や豪雨、積雪など雨樋の歪み 火災保険で補修できます!詳しくはこちら

 雨樋全体は複数のパーツで構成されていましたよね。屋根から地上まで複数のパーツが雨水を通す「道」を作って適切に排水していくわけですが雨樋が外れてしまった場合、その道が決壊してしまっている状態ですから適切に水が流れるわけがありません。すでに雨樋がない状態と同様であると言えますよね。
雨樋の外れを引き起こすよくある原因
施工時に繋ぎの組み立てが甘く、経年で緩み外れてしまった
台風や強風の影響で外れてしまった
継手が破損などの不具合を起こしたことが原因で外れてしまった
天を向いている軒樋や集水器に雪が積もり、その重さによって外れてしまった

台風の強風の 影響で外れてしまった継手

台風の影響で集水器と縦樋が離れてしまった

自然災害による台風や豪雨、積雪など雨樋の外れ火災保険で補修できます!詳しくはこちら

お役立ち情報 雪の重さ

重さ3t弱
 幅5mで、長さ6mの屋根に10cmの降雪があったとすると、雪質にもよりますが、その重さは3t近いものになります。豪雪地帯の場合、屋根の雪かきがいかに重要かが分かります。
屋根への積雪

大変な雪かき

 割れによって穴を作ってしまったり、ひびによって雨水が滴り落ちてしまうほどの隙間ができてしまった状態です。雨樋の外れ同様、見た目にもわかりやすい症状です。雨水を通すわずかな隙間だったとしても何か所もそのような場所が見受けられる場合は、雨樋全体が弱くなってしまっており寿命が来ている可能性もあります。専門業者に見ていただきましょう。
雨樋のひびや割れを引き起こすよくある原因
飛来物によって衝撃を受け、割れやひびを作ってしまった
紫外線や気温差による収縮によって素材自体が傷んでしまい、経年でひびや割れが発生

台風により雨樋のエルボ部分が破損

経年劣化でひび割れから破損
様々な雨樋の不具合、自然災害が原因の場合は火災保険で修復できます!詳しくはこちら

雨樋の寿命と交換のタイミング
 雨樋の不具合には経年による劣化以外にも自然災害や飛来物といった突発的な事象による不具合が起こりえることをご理解いただきました。何かしらの影響を受けて不具合が発生した場合、それは雨樋の寿命とは関係ないかもしれません。しかし不具合をそのままにしてしまった場合その影響はお住まい全体に及ぶことにもなり得ますよね。部分補修や部分交換で済むのか?それとも全体交換が必要か?などは状況・状態に応じて専門業者とじっくりと相談したうえで決めるようにしましょう。
状況・状態に応じて専門業者と相談したうえで決めるようにしましょう!
 突発的な事象による不具合は私たちではいつ起こるかわかりません。台風や強風、雪や雹などあらゆる自然環境の影響を受ける雨樋ですので悪天候後は「外れ」「割れ」「ゆがみ」などが起きていないか、まずは目に見える範囲で必ず確認するようにしましょう。
雨樋の外れ

雨樋の割れ

雨樋のゆがみ

台風や強風、雪や雹などあらゆる自然環境の影響を受ける雨樋、自然災害が原因の雨樋の不具合、火災保険で補修できます!詳しくはこちら

 また雨の日に下から雨樋を眺めてみることも雨樋の不具合を見つける上で効果的です。「水が滴り落ちている」「雨樋から水があふれ、オーバーフローしている」などスムーズに水が排水されているかどうか判断するうえでわかりやすいですよね。またそうした様子をスマートフォンで撮影しておくこともお勧めします。業者にとって、より適切な提案や処置のための材料となるので、私たち業者にとっても大変ありがたいのです。
(※雨の日にはしごをかけて雨樋を確認するなどは危険ですので、控えるようにしてくださいね。)

水が雨樋から滴り落ちている、あふれている

雨樋以外にも不具合が!?お住まいの補修サインはこちらからご覧ください雨樋以外にも不具合が!?お住まいの補修サインはこちらからご覧ください

 雨樋の寿命は約15年~20年程度と覚えておきましょう。
 築20年以上経過し、これまで一度もお住まいのメンテナンスを行ってこなかったという方も屋根材や板金部分、外壁の塗膜など外装のいたるところが寿命を迎え、リフォームを迫られているのではないでしょうか。雨樋も見た目にはまだまだ丈夫に見えたとしても金具や継手といったパーツが耐用年数を迎えるなど、いつ倒壊してもおかしくありません。まさに交換時期が来ているのです。

雨樋の寿命15~20年程度

 台風の巨大化やゲリラ豪雨の頻発化など、昨今の環境変化によって雨による被害が増加傾向にあります。
雨樋の排水が追い付かず雨水があふれだしてしまっている
 本来は雨量や排水量を考慮したうえで排水計算を行い、最適な雨樋が取り付けられているのですが、ここ最近の異常気象による悪天候時では、既存で設置されている雨樋では排水が追い付かずオーバーフローを起こしてしまっている、外壁や軒天に雨がビシャビシャかかってしまっているといった事例を目の当たりにすることが多くなってきました。
 各メーカーもそうしたことを考慮し、雨樋の大型化や高排水化を取り入れた雨樋を発表しています。交換する際はこれまではあまり気にしなかった雨樋の機能にも気を配ってみると良いですね。

高排水たてどいは一般たてどいの3倍の排水量
*上表は最大能力を示すものであり、保証値ではありません。 (施工状態により、排水量が低下する可能性があります。
※デンカ株式会社HPより一部抜粋 住宅用高機能雨どい高排水たてどい(サイホンシステム) SK40F
降雪による雨樋被害を防ぐ「雪止め」
 雪に慣れていない地域で突発的な積雪があった場合、積雪や落雪被害に関してのご相談が増えることが予想できます。
 地域差が大きいとは思いますが、年間の降雪日が数日未満の地域では屋根に雪止めが装備されていないことがほとんどです。前述の通り、幅5m長さ6mの屋根に10cmの積雪ならば重さは約3t、勾配の途中に何の遮蔽物もない屋根ではその重みが全て雨樋にかかることになります。変形し、破損しても無理のないことなのです。屋根の途中に雪止めを設置すれば重みが分散されるので、被害を受けることも少なくなります。

雪止めを設置することで雨樋へかかる雪の重みが分散される

雪止め設置の詳細はこちら

雨樋の詰まりを防ぐ「落ち葉除けネット」
 日本は国土の7割が山林です。植物が多い環境なのです。都市部においても公園や街路樹のなどの落葉樹に困っている方が少なくありません。お庭に落葉が溜まるならまだしも、雨樋の場合は詰まりの原因になってしまいます。既存の雨樋に落葉が侵入しないようにする落葉除けネットもございますので、お気軽にお問い合わせください。
ネットで覆って落葉の侵入を防止

落ち葉除けネットの詳細はこちら

 平屋のご自宅や、一階の雨樋のみの交換や補修といった場合を除いて、雨樋交換には足場の仮設が必要となります。やはり高所での作業となるため安全を確保したうえで確実な仕事をするためにどうしても必要なことなのですが、やはり費用がその分かかってしまう点で気になるところですよね。
 そのような方はせっかく仮設した足場を有効活用するために、その他の足場が必要になる工事を同時に行うことをご検討ください。
雨樋交換には足場の仮設が必要となります
 上記の雪止めや落ち葉除けネットもそうですが、それ以外にもお住まいの外装リフォームには足場が必須となる工事があります。当然ですがその都度足場代を支払って、足場を架けて個別的に工事するよりも一度に済ませてしまったほうが経済的であることは間違いありませんよね。長くお住まいになる上で確実にメンテナンスが必要になる箇所をご理解いただき、お得にリフォームすることを考えてみてください。
リフォーム工事をまとめると足場設置の回数が減るので足場費用を節約!

足場の有効活用についてはこちらもご覧ください

雨樋以外にも15年~20年経過すれば不具合が発生しメンテナンスをしなくてはならない箇所が出てきます
 「自然災害によって被害を受けてしまった・・・」という場合であればもしかしたら雨樋以外の屋根や外壁にも影響が出てしまっている可能性がありますね。
 また「寿命がきたからそろそろ雨樋の交換をしたくて・・・」という方であっても新築から15年~20年ほどで交換をしたい雨樋ですが、雨樋以外にも15年~20年も経過すれば傷みや不具合が発生し、メンテナンスをしなくてはならない箇所が存在します。

 ただ、新築から15年経過してこれまで一度もメンテナンスや補修を行ったことがない方にしてみれば、どこをメンテナンスすればいいのかなんてわかりませんよね。
 以下はこれまで一度もメンテナンスをしていなかった場合、併せてメンテナンスをしておくことをお勧めしたい工事となります。また自然災害などによって突発的に被害を受けた場合でも、雨樋交換によって足場を仮設するようであれば一度ご検討してみてはいかがでしょうか。
屋根の葺き替え

屋根カバー工事

屋根塗装 外壁塗装

瓦屋根の漆喰部分

スレート屋根の棟板金

軒天の補修

天窓交換

雨樋交換は火災保険を適用して自己負担なしで交換ができるケースもあります

 火災保険と聞いてピンとくる方も少ないかもしれませんね。実は新築時に多くの方が入られる保険に火災保険というものがあります。
 「あ、そういえば毎月払っている!」と思い出されましたか?はい、その火災保険です。
 名前だけ聞くと、火災が発生した際に受けた被害に対して補償される限定的なものだと勘違いをされている方が実は多いのですが、例えば「台風の被害を受けた」「雪によって雨樋が壊れた」といったような被害も補償をしてくれる保険なのです。補償対象は台風・強風による「風災」、降雪、積雪による「雪害」、雹による「雹害」、豪雨による「水災」、雷による「落雷被害」など、実に幅広く補償してくれます。
これらのほとんどが火災保険で直せます!
 突発的な被害、突発的な出費、こうした思いもよらない災害時に大変頼もしいですよね。場合よっては自己負担ゼロで補修ができるという点で大変ありがたいと思います。街の屋根やさんではこれまで火災保険を使った雨樋交換や補修を数多く対応してまいりました。
 台風や強風、また雪の重みによって雨樋が外れた、曲がってしまったなど自然災害による被害を受けられた場合は弊社にお問合せください。保険申請や窓口対応なども喜んでサポートさせていただきます。
自然災害による被害も弊社にお問合せください。保険申請や窓口対応などサポートいたします!
※火災保険は自然災害によって受けた被害の現状復旧のための工事が大原則です。業者さんの中には「保険を使って、屋根のリフォームまでやりましょう」という提案をされるところもあるようです。当然このような場合に保険は使えませんので、こういった業者さんや、あまりに都合の良すぎる話にはご注意ください。

台風や強風、積雪など自然災害による雨樋の割れや外れなどの不具合、火災保険で 修復できます!詳しくはこちら

お住まいの健康を支えている縁の下の力持ち「雨樋」
定期的な点検やメンテナンスがお住まいを長持ちさせるコツです!

 雨から私たちの生活を守ってくれているお住まいですが、そのお住まいの天敵は雨でもあります。皮肉なことですが、お住まいは自身の寿命を削って私たちを守ってくれていることになりますよね。屋根にしても外壁にしても、どこかの寿命が尽きてしまえばそこから雨水が構造部や建物内部に浸入し、建物の腐食や破壊を進めていくことになります。これらは最悪の結果ですが、そうならないように雨水による汚れやカビなどの発生、劣化から始まり雨漏りといった被害までを自分の持ち場で防いでくれているのが雨樋なのです。

雨水による汚れやカビ、劣化や雨漏りまで自分の持ち場で防いでくれているのが雨樋
 「雨樋がなぜ必要なのか知らなかった」「雨樋がなくても住まいにとっては何の影響もないと思っていた」なんていう方はもういらっしゃいませんよね?
 雨樋が本来の役割を果たすことでお住まいの天敵である雨、そして雨漏りから私たちをさらに長く守ってくれることになります。「これまで一度も雨樋のメンテナンスを行ってこなかった」「そろそろ交換時期だと初めて知った」という方はまずは街の屋根やさんの無料点検をご活用ください。現状を把握したうえで必要なメンテナンスについてご提案させていただきます。また雨樋以外でも気になる箇所がございましたら遠慮なくお申し付けください。お住まい全体を点検・調査し、お住まいにもお財布にもお役に立てるご提案をさせていただきます。
雨樋のメンテナンスを行ってこなかった、そろそろ交換時期という方は街の屋根やさんの無料点検をご活用ください

街の屋根やさんの無料点検はこちら

 「あまどい」という呼び名はお住まい全体に設置されている雨樋全体の総称をいいます。
 ただ実は雨樋には部位ごとに名前があるってご存知でしたでしょうか?聞いたこともないという方がきっとほとんどですよね。もちろん私たちにご連絡いただく際は「雨樋が壊れた」「雨樋から水があふれている」で十分ですのでご安心くださいね。ただ、それぞれの名称を知ってくことで例えば業者さんに補修をお願いする際に提出された見積もりを確認する際にもきっと役立てることができます。
 また名称と役割を知っておくことで業者さんとのコミュニケーションもスムーズになるかもしれません。ここでは雨樋の各部位の名称を見ていきましょう。

雨樋の部位の名称

1軒樋
軒樋(のきどい)
 屋根の軒先に沿って設置されている樋を指します。屋根で受けた雨水が屋根から流れ落ちて、この軒樋で受け止めます。水平に取り付けられているように見えますが実際には傾斜がついており、受け止めた雨水を集水器へと運ぶ役割を担っています。
2集水器(集水桝)
集水器(集水桝)
 「じょうご」とも呼ばれたりする集水器ですが、軒樋が受けた雨水を「集め」、竪樋へと誘導する役割を担っています。軒樋と竪樋を連結している樋を指しています。
3竪樋(たてどい)
竪樋(たてどい)
 外壁に沿って垂直方向に設置されている樋を指します。屋根からの雨水を軒樋から集水器へと集め、それらを地上や下水に運ぶための役割を担っています。
 雨樋を大きく3つに分けて見てみると「軒樋」が屋根からの雨水を受け、「集水器(集水桝)」で軒樋からの雨水を集め、「竪樋」が運ばれた雨水を地上や下水に排水するという仕組みとなっています。ただそれ以外にも屋根の形状や大きさなどによって様々なパーツが用意されています。そちらも併せてみていきましょう。
4這樋(はいどい)
這樋(はいどい)
 二階以上の建物で上層階の竪樋から下層階の集水器に水を運ぶために屋根に這った格好で取り付けられた樋を指します。
5曲がり
曲がり
 屋根を上から見ると、その形状にもよりますが四角形もしくはそれ以上の多角形になっていますよね。例えば寄棟(よせむね)のような屋根は屋根を囲う形で四方に軒樋を設置しますが、軒先に設置する軒樋は直線の樋であるため角部分に軒樋同士をつなげる「曲がり」を設置します。
6止まり
止まり
 軒樋の両端につけるキャップの役割を持ちます。切り妻屋根の場合、軒先は二か所で、寄棟とは異なり四方を雨樋で囲むことはできません。そのため軒樋の端をキャップして、雨水が垂れないようにしています。
寄棟や切り妻など屋根の形状の詳細はこちら
軒継手(のきつぎて)
軒継手(のきつぎて)
 軒樋を屋根の軒先の長さに併せて継ぎ足す際のジョイント部分に使用します。
軒樋金具
軒樋金具
 軒樋を設置する際に支えになる金具を指します。軒樋を正確な勾配で設置するために重要な役割を果たします。
エルボ
エルボ
 日本語では「肘(ひじ」のことですね。曲がった見た目からこのように呼ばれており、L字型の接続パイプのことを指します。
 このように雨樋は様々なパーツで構成されており、「雨水を地上や下水に運ぶ」という役割を果たしています。また素材についても塩化ビニル製やガルバリウム鋼板製、銅製、アルミニウム製など、形状も半丸や角形などがあります。
雨樋は全面交換だけではなく部分的なパーツ交換も可能です

雨樋交換工事の流れ
01これまでの雨樋の撤去
変形してたり、壊れてしまった雨樋を外します。
足場の仮設
変形した雨樋
 雨樋は屋根の端に設置されています。お住まいが2階建ての場合、作業性と安全性を確保するため、足場が必要になります(左写真)。右写真のように変形し、おじぎしてしまった雨樋は屋根からの雨水をうまく受け止められませんし、流れ込んできた雨水をしっかりと排水することもできません。このようになってしまった雨樋を撤去していきます。
02これまでの軒樋金具の撤去と新規設置
変形してしまった軒樋金具を新しいものへと交換します
軒樋金具の撤去跡
水糸を張る
 上の右写真をご覧くだされば分かるように、雨樋を固定している軒樋金具も変形しています。これでは雨樋を正確に取り付けられませんので、新しいものへと交換します。左写真はその撤去跡です。
 排水するために適切な勾配が必要になりますので、水糸を張り、その位置に正確に軒樋金具を取り付けていきます。

03新しい雨樋の設置
新しい雨樋を軒樋金具に取り付けていきます
新しい雨樋の取り付け
雨樋の一部交換
 軒樋金具には雨樋を上から吊って固定するタイプと下から支えて固定するタイプがあります。今回は吊金具と呼ばれる吊って固定するタイプです。
 幸いにも今回は合う形の雨樋がありましたので、変形していなかった部分はこれまでのものを用いる部分交換で済みました(右写真)。雨樋の変形や破損が一部であっても、これまでのものは既に廃盤になっていて、合うタイプがないから全交換しないといけないなんてケースはかなり多いんです。

04雨樋交換工事完了
排水テストをして、異常がなければ完成です
排水テスト
雨樋交換工事完了
 雨樋の特定の箇所に少量の水を垂らして、一定方向に流れるかをテストします。大量の水だと、その勢いで排水されている可能性があるので、必ず少量の水で行います。
 しっかりと排水できることが確認できましたら、雨樋交換工事完了です。これで雨の心配とは無縁になります。

雨樋交換まとめ

●雨樋の役割は降ってきた雨水を、地上や下水に排水させること

●雨樋に不具合が発生するとお住まいの大敵である水分が雨染みや汚れ、雨漏りといった被害を招いてしまう

●雨樋には軒樋・集水器・竪樋・曲がり・エルボ・止まりなど各パーツに名称がある

●「雨樋の詰まり」「曲がり・ゆがみ」「外れ」「割れ・ひび」といった症状は雨樋の不具合を招く要注意な状態

●雨樋の寿命は15年~20年、寿命を迎えた雨樋は全面交換が理想

●雪止めや落ち葉除けネット、それ以外にも足場が必要な工事は雨樋交換工事と同時に行うことが経済的にお得

●雨樋交換は火災保険を適用して自己負担なしで交換ができるケースもある

●定期的な点検やメンテナンスが雨樋そしてお住まいを長持ちさせるコツ


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466