太田市で外壁塗装に合わせて外壁シーリングの打ち換え見積り


外壁シーリングの打ち換えを、群馬県太田市で無料見積りしました。

外壁の塗装に合わせた施工となります。
外壁コーキング交換
外壁シーリング打ち換え
シーリングとは、主に窯業系サイディングの継ぎ目やサッシ周りなどの開口部に打設されているゴムのような建材のことで、定期的なメンテナンスが必要です。

窯業系サイディングを横張りすると構造上どうしても隙間ができるため、そこにシーリング材を打設することで封をします。

これはお住まいの断熱性や遮音性、また防水性の観点から重要な工程になるわけですが、困ったことにシーリングは経年によって破断剥離を起こします。

そうなるとお住まいの断熱性や遮音性は低下しますし、特に防水性にはさらなる問題が浮上します。
シーリング剥離
シーリング材と接着しているサイディングの側面には塗料が塗布されておらず、主成分のセメントがむき出しとなっています。

シーリングが剥離してサイディング側面が露出すると、そこに雨水などが入り込むことでサイディングが吸水してしまいます。

吸水したサイディングは急速に劣化してしまうので、外壁の寿命を縮めてしまうというわけです。寒い時期には凍害も心配されます。

ちなみに、不安を煽るような業者もいるようですが、剥離したシーリングが原因で雨漏りすることはほとんどありません

外壁の下には防水シートが張られており、そのシートがあれば屋内への浸水は防げます。ただし、シーリングの劣化などを放置すれば防水シートも当然ダメージを受けますので、いつもまでも大丈夫というわけではありません
外壁シーリング増し打ち
打ち換えは基本的に仮設足場が必要ですので、外壁の塗装と合わせて行うかたが多いです。

外壁用のシーリングにはネオウレタン系ポリウレタン系変成シリコーン系などの種類があって、塗装と同時に行う場合には、使う塗料に合わせたものを選ぶ必要があります。

ノンブリードタイプといって可塑剤(かそざい)の入っていないものを使うのは必須です。通常の業者であれば黙っていても適切なものを選定して使いますが、気になる方はお見積り時などに確認されると良いかと思います。

また、シーリングはよくコーキングとも呼ばれます。厳密にはそれぞれ違う役割をもつものですが、実情は呼び方の違いだけで同じ場所、建材を指していると思っていただいて問題ありません。


街の屋根やさん藤岡店では、屋根工事や雨漏り修理だけでなく外壁の塗り替え・補修・張り替えなども工事店として承ります。

点検・お見積りは無料ですので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

桐生市のアパート外壁をファインシリコンフレッシュで塗装工事

アパートマンション外壁塗装
日本ペイントファインシリコンフレッシュ
工事内容
外壁塗装
アパート
使用素材
ファインシリコンフレッシュ
築年数
35年未満
建坪
保証
5年
工事費用
¥1,670,000(足場込み)
施工事例

伊勢崎市でクラックのあるモルタル外壁をファインフッソで塗装

モルタル外壁塗装
日本ペイントファインフッソ
工事内容
外壁塗装
その他塗装
使用素材
ファインフッソ
築年数
20年未満
建坪
保証
7年
工事費用
¥1,000,000(足場込)
施工事例

藤岡市で遮熱塗料のサーモアイウォールを使った外壁塗装工事

日本ペイントサーモアイウォール4F
外壁遮熱塗料
工事内容
外壁塗装
使用素材
ファインサーモアイウォール4F
築年数
15年
建坪
保証
7年
工事費用
¥1,160,000(足場込み・税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

菊水化学グラナダ塗装

外壁塗装の無料見積りを、群馬県伊勢崎市で行いました。土壁のような高意匠の外壁ですから、一般的な塗料ではその独特な風合いを損なってしまう恐れがあります。そこで、今回はそんな外壁にピッタリな菊水化学工業のグラナダフレッシュでのご提案となりました...........

モルタルヘアークラック

外壁と屋根の塗装を、群馬県藤岡市で無料見積りしました。外壁材にはモルタル、屋根材にはトタンが使われたお宅です。

外壁塗装

外壁の塗装工事の現場写真です。外壁塗装は『下塗り➡中塗り➡上塗り』の工程で行っています。下塗りには外壁材への塗料の染み込みを防ぐ役割と、外壁材と塗料の接着力を高める役割、外壁塗装の耐久性を高めてくれる役割をしてくれます。中塗りは基本は上塗り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466