下仁田町で瓦屋根の歪んだ棟を取り直し修理で無料見積りしました


瓦屋根の棟を取り直す修繕工事を、群馬県甘楽郡下仁田町で無料見積りしました。

経年劣化により強度の低下した棟瓦は、揺れや強風、または自身の重さの影響を受けて、歪んだりずれたりすることがあります。
瓦屋根の棟取り直し

歪んだ棟瓦は、ほかの瓦にも干渉しますので、連鎖的に屋根全体に余計な力がかかるようになります。

そうなると瓦の脱落飛散事故を引き起こす恐れがありますので、早急に対処する必要があります。

皆様もご存じのとおり、瓦は屋根材のなかで最重量です。

落下による事故は、取り返しのつかないことにもなりかねません。

そんな心配を少しでも減らすために、修繕は棟全体の強度を向上させるように設計します。

気軽に上って点検できる場所ではありませんから、しっかり工事しておくと安心ですね。
棟の強度を低下させてしまう原因として、一番多いのが漆喰の劣化でしょうか。

棟瓦は葺き土という土台を漆喰で覆って固定していますが、漆喰は紫外線や風雨の影響を受けてしだいに劣化していきます
漆喰の剥離
劣化した漆喰は、やがてクラック(ひび割れ)や剥離を起こします。するとその隙間から、雨水などの水分が侵入することになります。

葺き土には防水性がありませんので、浸水すると吸水・膨張して漆喰の膨張に拍車をかけたり、葺き土自体が流れ出てしまったりします。

そうして土台が弱くなることによって、棟全体の強度も下がってしまうということです。

漆喰に苔が生えている場合は、漆喰の防水性が損なわれているサインです。早期発見できれば、漆喰の詰め直しなど簡単な作業ですむこともありますので、ときどき気にして見ていただくことをオススメします。

たとえば庭先や屋根のうえに、見慣れないコンクリート片のようなものを見つけたときは要注意です。剥がれ落ちた漆喰の可能性があります。
瓦がずれている
葺き土の露出
さて修繕についてですが、土台となる葺き土は使わずに工事します

もちろん手抜き工事というわけではありませんよ。葺き土の代わりに南蛮漆喰を使うんです。

なんばんシルガードとも呼ばれる南蛮漆喰は、通常の漆喰にシリコン防水剤を混ぜた代物で、耐候性と耐久性が向上しています。

しかも葺き土を使わない施工ができますので、棟の土台が一塊になり、強度と安定性が向上します。将来的なメンテナンスも楽ちんです。

くわえて耐震強力棟金具という補強材を入れることで、地震や台風がきても安心の棟を作ることができます。

ちなみに、この優れモノの南蛮漆喰ですが、なんと通常の漆喰を使うより費用がかかりません。不思議なものですね。

もちろん、ご要望により通常の漆喰を使った工事も承りますので、まずは街の屋根やさん藤岡店まで無料点検お問い合わせください。

お見積りも無料で行います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

前橋市の地震で歪んだ瓦屋根の棟を南蛮漆喰で取り直し工事

棟の歪みと漆喰のひび
シルガード
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
217,400円
施工事例

群馬県安中市でなんばん漆喰を使って棟を取り直し工事しました

棟修理
なんばん
工事内容
漆喰取り直し
使用素材
なんばん
築年数
48年
建坪
保証
工事費用
¥85,000(2ヶ所)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の漆喰補修

瓦屋根の無料点検を、群馬県富岡市で行いました。庭先に漆喰の欠片が落ちていたそうで、その他の部分も含めて点検のご依頼をいただきました。

屋根修理工事

棟の取り直し工事を、群馬県渋川市で無料見積りしました。地震のあとに気づいたらこうなっていたそうで、不安そうにお問い合わせいただき、すぐに現場調査へと伺いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466