オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

群馬県安中市でなんばん漆喰を使って棟を取り直し工事しました


工事のきっかけ

地上からの目視で棟の歪みが見えた。

落ちてきたら怖いので、インターネットから無料点検・無料見積りを依頼。

安中市 漆喰取り直し

ビフォーアフター

before
棟修理
horizontal
after
なんばん

工事基本情報

施工内容
漆喰取り直し
施工期間
4時間(2ヶ所)
使用材料
なんばん
施工内容その他
築年数
48年
保証年数
工事費用
¥85,000(2ヶ所)
建坪
ハウスメーカー
瓦屋根の棟取り直し工事を、群馬県安中市で行いました。

棟は地震や台風などの影響でズレたり歪んだりすることが多く、整列していない瓦は落下の恐れがありますので、早めの対処が必要です。
屋根修理

棟は、
熨斗(のし)瓦冠(かんむり)瓦を積み上げて作られています。

内部には葺き土(ふきつち)といって、土が土台として盛られていますが、これが瓦屋根を重くするひとつの理由でもあります。

近年では、棟に限らず平部(流れ)でも葺き土を使わない工法が確立されていますので、屋根全体が昔の瓦屋根に比べて軽量になります。

平部と違って棟はそのままだと葺き土が露出した状態になるため、外部に漆喰を詰めて防水性をもたせます。

漆喰が劣化してひび割れたり剥がれ落ちたりすると、葺き土が雨風にさらされて流れ出るなどしますので、棟の強度が低下することになります。
漆喰の劣化は、軽度であれば詰め増し詰め直しといった簡単な工事ですんでしまいますので、定期的な点検と早めのメンテナンスをオススメします。

また弊社では、棟工事も含めて漆喰まわりのリフォームの場合は、基本的に通常の漆喰ではなく南蛮漆喰(なんばん)を使用しています。

なんばんは漆喰に特殊なシリコン防水剤を混ぜたもので、通常のものより耐候性耐久性、耐水性が向上しています。
南蛮漆喰
さらに、なんばん葺き土を使わない施工になりますので、棟の土台がひとつとなり、棟全体の固定力が向上します。

棟は屋根のなかでも高いところにありますので、紫外線や雨風、揺れなどの影響を強く受けることになります。

できるだけ強固に作ることによって、下で暮らす私たちにとって安心できる棟になります。

本棟には強力耐震棟金具を入れるなどの工法(ガイドライン工法)もありますので、詳しくはお問い合わせください。
漆喰工事
漆喰
なんばんを盛ったら熨斗瓦冠瓦を順番に積み直して完成になります。

少し前までは、熨斗瓦をたくさん積んで棟が高くなればなるほど、屋根が立派な印象になるといわれていました。

しかし近ごろは、耐震性の観点から熨斗瓦をほとんど使わない棟も主流になっていまして、屋根やさんとしては少し寂しいような気持ちもあったりなかったりですね。

ちなみに、今回は瓦が大丈夫そうでしたので再使用しておりますが、ひびや欠けなど、状態により再使用できない場合もございますので、予めご了承ください。
街の屋根やさん藤岡店では、取り直し工事のほかにも詰め増し詰め直しなどの部分補修も喜んで承ります。

お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

前橋市の地震で歪んだ瓦屋根の棟を南蛮漆喰で取り直し工事

棟の歪みと漆喰のひび
シルガード
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
217,400円

同じ地域の施工事例

施工事例

安中市でアパート窓サッシからの雨漏り対策にシーリング補修工事

サッシからの雨漏り修理
シーリング増し打ち
工事内容
雨漏り修理
マンション
使用素材
変成シリコーン
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
¥110,000

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の漆喰補修

瓦屋根の無料点検を、群馬県富岡市で行いました。庭先に漆喰の欠片が落ちていたそうで、その他の部分も含めて点検のご依頼をいただきました。

屋根修理工事

棟の取り直し工事を、群馬県渋川市で無料見積りしました。地震のあとに気づいたらこうなっていたそうで、不安そうにお問い合わせいただき、すぐに現場調査へと伺いました。

瓦屋根の棟取り直し

瓦屋根の棟を取り直す修繕工事を、群馬県甘楽郡下仁田町で無料見積りしました。経年劣化により強度の低下した棟瓦は、揺れや強風、または自身の重さの影響を受けて、歪んだりずれたりすることがあります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466