オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

伊勢崎市で横暖ルーフを使ってスレート屋根のカバー工法工事


工事のきっかけ

コロニアル(スレート)の劣化が気になって無料見積りを依頼した。

伊勢崎市 屋根カバー工事,棟板金交換

ビフォーアフター

before
コロニアル屋根葺き替え
horizontal
after
横暖ルーフ重ね葺き

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,棟板金交換
施工期間
6日間
使用材料
横暖ルーフS
施工内容その他
築年数
25年
保証年数
10年
工事費用
¥570,000 (足場代別)
建坪
ハウスメーカー
スレート屋根のカバー工法工事を、群馬県伊勢崎市で行いました。

カバー工法は重ね葺き重ね張り被せ葺きなどとも呼ばれる工法で、特にスレート屋根のリフォームでよく選ばれる工法です。

重ねる屋根材には、ニチハのガルバリウム鋼板製金属屋根の横暖ルーフSを使います。
スレート屋根カバー工法
棟板金撤去
屋根のカバー工法工事では、解体作業をほとんど行いません

棟板金や雪止め金具などの突起物を撤去するだけとなりますので、解体処分費がほとんどかからず、同じく屋根が生まれ変わる葺き替え工事に比べて、低価格で工事できるのが最大の特長です。

費用面でいえば、やはり塗装が一番安上がりですが、スレート屋根は塗装の耐久性を確保することが難しいため、トータルコストではカバー工法に軍配が上がります。

塗装では直せない屋根材のひび割れや歪みにも対応できるのも、カバー工法ならではのメリットです。
防水紙捨て張り

一通りの撤去が終わったらルーフィング(防水紙)を下葺きしていきますが、このとき屋根の谷部分にはピンポイントでルーフィングを下葺きします(捨て張り)。

谷は屋根面が谷折りにぶつかる場所のことで、雨水が集中するため屋根のなかでは劣化の早い部分です。

弊社では屋根からの雨漏り修理相談を多くいただいておりますが、ほとんどの原因がこの谷になります。

ですから、捨て張りを行いルーフィングを重ねて施工することで、谷の耐久性と防水性を高めます。

仕上がり時は見えなくなってしまう部分ですが、こうした細かな工事をしっかり行うことで、お客様に長く安心して使っていただけるようになります。
捨て張りが終わったら、軒先から順にルーフィングを下葺きしていきます。

雨水は上から下(棟から軒)に向かって流れますので、軒先から順に重ねて下葺きすることで、屋根の防水性をさらに高めることができます。
ルーフィング下葺き
ちなみに今回使っているルーフィングは、改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィング)といって、従来のルーフィングより耐久性と止水性が向上した製品です。

カバー工法では寿命の長い金属屋根材を使うことが多いですから、それに合わせてルーフィングも耐久性の高い物を選んでいただくのが安心です。

ルーフィングがしっかりしていれば、かりに屋根材内部への浸水があったときにも、雨漏りをしっかり防ぐことができます。

屋根材での防水を一次防水、ルーフィングでの防水を二次防水といいます。
谷樋板金

谷板金(谷樋)は、横暖ルーフと同じくガルバリウムの鋼板を加工して作ります。

雨水が多く流れる場所ですから、耐久性と耐候性に優れるガルバリウム製が安心ですね。

また写真ではわかりづらいですが、谷板金の脇には谷面戸(谷スポ)を取り付けています。

これは谷板金と屋根仕上げ材との隙間を埋めるために施工するもので、ゴミや雨水の侵入を防ぎます。

いくらルーフィングが下葺きされているとはいえ、常に雨水などにさらされる状態では、無用な劣化を引き起こします。

古いお宅などでは施工されていないことも多いですが、弊社では谷面戸を標準工事として取り入れております。
平部に横暖ルーフを横葺きしたら、棟板金の取り付けにかかります。

今回は小屋裏換気を目的として、換気棟を採用しました。
換気棟取付

あまり意識されることはありませんが、小屋裏(屋根裏)の温度は、夏場の暑い日だと70℃から80℃にまで上昇します。

ほとんどのお宅では、軒天井からの軒下換気が図られていますが、それだけでは真夏日や冬場の結露に対しては少々力不足なんです。

とくに温まった空気は上へと流れますから、屋根の頂上であるに換気設備を設けることは、とても有効な方法であるといえます。

小屋裏には梁や柱など重要な構造材が多くありますので、夏場の暑さや冬場の結露を抑制することは、お住まい全体の保護にもつながります。

また、小屋裏温度が下がるということは、居室も多少涼しくなるということです。
弊社では換気棟のみの後付け工事も承っておりますので、暑さにお困りの方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか。


ところで、換気棟を含む棟板金ですが、下地には貫板という木材が使われます。
棟下地材の防腐処理
画像のような木材(貫板)に棟板金を留め付けていくわけですが、貫板はやはり経年で劣化してしまいます

貫板は劣化すると痩せていきますので、しだいに留め付けビスの保持力、棟の固定力が低下します。

棟は屋根のなかでも風の影響を強く受けますので、固定力が低下したところに強風があたると、飛散事故などに繋がってしまうことがあります。

弊社では防腐処理した貫板を標準工事として取り入れておりますが、ご希望によりタフモックなどの樹脂製でより耐久性の高い貫板もご用意いたします。

いずれの場合も、留め付けには錆びづらく保持力の強い、ステンレス製の専用ビスを使います。
ガルバリウム金属屋根
あとは清掃を行っていよいよ完工となります。

今回使った横暖ルーフは、ガルバリウムの遮熱鋼板と断熱材が一体型になった金属屋根材で、屋根の断熱性遮音性を向上させることができます。

またガルバリウムは耐候性も高く、長期にわたりメンテナンスが不要なため、これでしばらくはお客様の手を煩わせることもありません。

このようにメリットが多く、お住まいの見た目だけでなく機能性をも大きく変えることのできるカバー工法ですが、全てのお客様にオススメできるわけではありません

2重になった屋根は重量が増加しますので、お住まいや屋根の状態を事前にしっかり確認して、適切な工法でリフォームをすることが、誰にとっても一番のリフォーム方法です。

街の屋根やさん藤岡店では点検やお見積りを無料で行っておりますので、詳しくは一度お気軽にお問い合わせください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

桐生市でアパートのスレート屋根にガルバリウム重ね葺き工事

スレート屋根重ね葺き
ヒランビーカバー工法
工事内容
屋根カバー工事
アパート
使用素材
ヒランビー
築年数
35年未満
建坪
保証
10年
工事費用
¥1,080,000
施工事例

富岡市で劣化して苔の生えたコロニアルにヒランビーを重ね葺き

スレート屋根リフォーム
ヒランビー重ね葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ヒランビー
築年数
20年
建坪
保証
10年
工事費用
¥510,000
施工事例

群馬県前橋市で横暖ルーフの重ね葺き(カバー工法)を行いました

コロニアル
横暖ルーフ
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフS
築年数
20年
建坪
保証
7年
工事費用
¥657,000(足場費用込)

同じ地域の施工事例

施工事例

伊勢崎市でクラックのあるモルタル外壁をファインフッソで塗装

モルタル外壁塗装
日本ペイントファインフッソ
工事内容
外壁塗装
その他塗装
使用素材
ファインフッソ
築年数
20年未満
建坪
保証
7年
工事費用
¥1,000,000(足場込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

仕上げ20200706

群馬県渋川市で屋根の葺き替えリフォーム工事を行っています。既存の屋根材スレート瓦コロニアルの上から新しい屋根材ガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを上張りするカバー工法という施工方法での葺き替えです。今回は仕上げ作業を行いましたのでご紹介させてい...........

本葺き20200630

群馬県渋川市渋川で屋根のリフォーム工事を行っています。カバー工法で既存の屋根材スレート瓦コロニアルの上から下葺きをして新しい屋根材ガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを葺きます。今回は横暖ルーフSの本葺き~仕上げ作業を行いましたのでご紹介します。

棟バラシ20200613

群馬県桐生市で屋根のリフォーム工事が始まりました。既存の屋根材スレート瓦の劣化が激しくどうせならという事で葺き替えカバー工事になりました。カバー工事というのは既存の屋根材の上からカバー工法という施工方法でガルバリウム鋼板材を上葺きする方法で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら藤岡店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-913-466